探偵事務所で結婚相手の結婚詐欺の可能性を調べよう

浮気調査というものは、相手と近い関係であるほど調査していることに気づかれやすい上、感情に任せてトラブルになる可能性も無視できないでしょう。

その道の専門家である探偵なら、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、自分や知人などが調査するより確実に浮気の裏付けがとれるはずです。

探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることは違いがありません。

共によく扱うのは、離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、配偶者の浮気の確固たる裏付けがないと、まともに取り合ってもらえないようです。

しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。

仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止にきっと役に立つはずです。

興信所や探偵社で行う浮気調査は、出来高制を採用している場合もあります。

それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。

ラッキーと思うでしょうが、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、普通より調査に時間がかかりそうな場合は断るときもあるそうです。

また逆に成功したときに、かなりの代金を請求されることもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。

浮気していたことがわかり、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。

証拠に採用されるものとしては、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、二人でラブホテルを利用している写真や動画、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。

また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴が証拠として採用される例もあります。

探偵業といえど競争があるのは事実で、超リーズナブルなコストテーブルやポッキリ価格で請け負う業者が増加する傾向にあります。

しかし、均一でも料金に含まれない場合は別途追加というケースもないわけではないので、契約する前に、調査内容や料金の詳細を説明してもらい、請求トラブルにならないようにするべきです。

もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、さしあたっては今後の動向を考えるために気持ちを静めて冷静になるよう努めましょう。

浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、やはり離婚や慰謝料なども勘案しなければいけません。

夫婦で話し合う時間を確保し、これからどうするかしっかり考えていくようにしましょう。

興信所に持ち込まれる案件の多くは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。

どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に解説します。

標準的な不倫調査としては、まず、追跡します。

いわゆる「尾行」です。

相手が警戒していることもありますから、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、不貞行為の証拠を入手します。

不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、配偶者から「子供がほしい」と言われたからというのが実に多いのです。

いままで連れ添ってきた仲として申し訳ないという気持ちが生じたり、浮気相手との不毛な駆け引きに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。

それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、後ろめたさも手伝って、ついに精算したいという気持ちになるようです。

この頃はついうっかりスマホを放置して、隠し続けていた浮気がバレるという例が多くみられます。

高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、メールやLINEなどに配偶者の不倫の証拠が隠されていると考えるのが妥当でしょう。

ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、スマホの中は浮気のメモリアルだらけと思っていいでしょう。

いざ浮気調査を探偵に依頼するとなると、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を第三者(依頼主)に報告する調査業自体、非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。

ご心配なく。

探偵業法を遵守していれば違法ではありません。

探偵業法が2007年に施行される以前は、興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、違法な詐欺まがいの業者との様々なトラブルを防止するために定められました。

クラス会やOB会ではなにげに不倫に進展するケースが多いことが知られています。

憧れの人と話がはずんでしまったり、級友同士ということで性別の垣根が取り払われるので居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。

そういった再会を機に相手の様子がおかしければ、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。

普通の仕事への対価と比べると、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、リーズナブルとは言えないでしょう。

割安だからと安易に業者を頼んだものの、裏付けがとれなかったり、相手に調査がバレてしまったりしたら、時間とお金の無駄遣いですよね。

最終的に頼りになるのはその会社の実績値なのですが、調査料が高額であるほど調査能力が高いかというと、それは実に悩ましいところです。

実際、不倫行為にはまっている人は、鬱状態の人が少なくないようです。

その大きな要因は、精神的な緊張や負荷でしょう。

ダブル不倫だの片方が既婚者だのの場合、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情を心の中に抱えることが多くなり、それがウツにつながるのですね。

浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだって情緒不安定や不眠などの症状が見られます。

探偵業者に欠かせない技量というのは、会社の規模によるところも大きいです。

全国各地を営業エリアとしているところは、最先端の機材や捜査手法の研究に努めており、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。

一般的に大手の会社というのは、調査員はもちろん内勤の相談員などの教育にも積極的でそれは仕事の成果に大きく影響してくるのではないでしょうか。

最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、インターネットで調べてみたんですけど、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。

3社ほど問合せして、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいるところに依頼しました。

いくら浮気を疑っていても、証拠を見てしまうと、やはりショックでしたね。

引用:探偵事務所で結婚詐欺調査!結婚相手を調べるなら【無料相談OK】