住宅ローンを組むためにはどうすればいい?

住宅ローンを組むためにはまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。
例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など多くの金融機関で住宅ローンを組めます。
借入する所によって住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。
店舗に行かなくて良い。
という点が非常に好評です。
人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。
ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。
リフォームに使える住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を購入する事ができます。
住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
審査を通過しないと住宅ローンは組めません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。
頭金が0円でもOK!と言った宣伝も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。