つなぎ融資と預かり金とは?

住宅ローンを利用する際に、建物を新築する場合など、完成するまでの間工事費として支払うための資金を、一時的に用意するためのつなぎ融資をよく利用します。
これは住宅ローンが建物の完成まで融資実行されないことから、必要となるものなのです。
したがって完成した住宅を購入する場合を除いては、ほとんどの方がつなぎ融資を利用されることでしょう。
また、購入する際に不動産会社に申し込み金などのお金を一時的に支払うことがあります。
このお金はいわゆる預かり金と呼ばれるもので、あくまでも一時的に預けているだけですので、建築代金等の一部として当てることになります。
したがって、しっかりと不動産会社から預り証をもらっておき、後々トラブルにならないよう気をつけましょう。